京町家 十四春旅館BLOG

<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「木と根」さんのかき氷




十四春旅館から徒歩5分の所にある、「木と根」さん。

ずっとここのかき氷が食べたくて、やっと念願叶って行ってきました。






小さなお店で、かわいい雑貨と、奥に喫茶室があります。
喫茶室はいつも並んでいますが、路地裏の涼しい場所なので、待つのもまた楽しい一時です。





本日のかき氷はこちら。
こんなに沢山の旬なシロップがかかっていて、
見た目も可愛い、
ボリュームも十分、
お味も最高でした。

しっかりスウィーツを頂いた満足感がありました。
おすすめのお店です。
- | permalink | - | trackbacks(0)

みたらしまつり 2016

夏休みが始まりました。

祇園祭のメインが終わっても、四条界隈はまだ祭りの雰囲気ですね。
まだお囃子が耳に残っています。



7月はもうひとつ、大好きなお祭りが。

下賀茂神社で開催される、「みたらし祭り」です。







下賀茂神社の境内にある、みたらし池の中を、裸足になって進みます。

水がとっても冷たくて、しかも深い所はひざ上まであります。





冷たさを我慢しながら、蝋燭片手に進むなんて、面白いですね。
毎年恒例で参加していますが、楽しいです。









水から上がり、足を拭いたら、神聖なお水で体を清めます。
そのうち、足がポカポカしてきます。








水面に映る蝋燭の火が美しく、見とれてしまいます。






足つけ神事が終わった後は、境内にあるお茶屋さんで、おいしいかき氷を頂きました。


- | permalink | - | trackbacks(0)

桜だより2016 〜朽木〜





4/6日頃に満開を迎えたソメイヨシノは、週末にかけてヒラヒラと散りました。
花吹雪が美しく、
名残惜しい気持ちを吹き飛ばし、あぁ美しいなぁと見とれてしまいました。


「枯れる」のではなく、「散る」という潔さ。


その儚くも潔い姿が、桜に引き付けられる理由の一つではないでしょうか。





さて、まだまだ桜の見ごろは終わっていません。


遅咲きの紅枝垂れは、今満開を迎えています。

紅枝垂れが有名なスポットといえば、
平安神宮、退蔵院、半木の道など、
どこも溜息が出る美しさです。




また、少し足を延ばして、郊外の方に行けば、まだ満開のソメイヨシノや枝垂桜を見ることができます。
嵐山・高尾ドライブウェイ、大原など。




そして、八重桜も満開を迎えています。
有名なのは仁和寺、
京都御所の出水広場付近も沢山の八重桜があり、GWにかけてピークを迎えます。










京都の桜はまだまだお楽しみがありますが、
今日はもっと足を延ばして、
大原を超え、滋賀県の朽木に行ってきました。

京都市中心部からだと、1時間半くらいで着きます。



安曇川沿いの桜が満開で、とても美しく、光に包まれていました。



朽木は自然豊かな里山で、大きな川もあり、京都からは川遊びやキャンプ、スキーに温泉など、近場のレジャースポットとして人気です。



日帰りでも十分楽しめる温泉施設には、温水プールもあって、家族ずれにも人気です。


もし京都に車で来られた際には、ぜひ大原にも足を延ばし、
そしてもう一足延ばして、朽木探索を楽しんでみてください。
おいしいご飯屋さんはもちろん、おしゃれで見晴らし最高のカフェなんかもありますよ。

もちろん、JRでも行くことができます。




- | permalink | - | trackbacks(0)

京都桜便り2016 〜白龍園〜

京阪の終点、出町柳。
出町柳からさらに京都の北へ走るのが、叡山電鉄です。
有名な鞍馬や貴船、また、比叡山ケーブルカーの乗り場がある八瀬比叡山口へも運んでくれます。



今日は叡山電鉄に乗り、貴船口の手前の駅、「二ノ瀬」まで。




2012年に初公開された白龍園を訪れました。

春と秋それぞれ1カ月半のみ公開されるお庭です。


「白龍園特別観覧きっぷ」は、白龍園の入り口ではなく、叡山電鉄「出町柳」駅で購入します。
朝の9時から、当日券のみの販売で、1日に100人限定です。







そんな訳で、もちろん今日が初めての観覧でした。
ドキドキ、ワクワク、
まだ見ぬ京都のレアスポットに心が弾みます。



1日の観覧人数を限定される理由は、園内にびっしりと生える「苔」を守る為だそうです。



本当に、
入ってすぐ目に飛び込んでくるのは、美しい苔の絨毯でした。






桜の木の下も、階段もずーっと苔がびっしり。



















生命のエネルギーがとても強い場所なのでしょう。
そして、微生物たちがとっても力強く、生き生きと、楽しく暮らせる場所なのでしょう。
素晴らしいですね。













そして、見事な桜、ツツジ、本当に美しいお庭でした。











紅葉の季節も、ぜひ訪れたいです。





出町柳の河原も桜がピークでした。

まばゆいピンクの光を浴びて、鴨川を散歩する時間、
やっぱり京都はいいなぁと思います。











- | permalink | - | trackbacks(0)

京都桜便り2016 〜嵯峨野平安卿〜佐野藤右衛門宅〜




2年ぶりに、嵯峨野にある平安卿の一般公開に行ってきました。

広沢池を臨む広大な敷地には、桜など沢山の木々や植物が植えられています。
広い芝生が広がり、のんびりとお花見することができます。
寺社仏閣ではできないピクニック気分のお花見を、こんな素敵な眺めでさせていただけるなんてと、初めて行った時はびっくりしました。


平安卿の詳細はこちらです。
http://www.heiankyo.org/

一般公開は、4/2から4/4まで。
4/2と3日はライトアップもあります。





一般公開中は、船にも乗せていただけます。


さっそく乗ってみました。






風情のある木船でゆったりと広沢池を周遊します。
贅沢な時間です。
観月の時にも、一度乗ってみたいものですね。







野点もあります。
桜や広沢池を眺めながら頂くお菓子やお茶は格別です。









すっかりのんびりした後は、道を挟んで向かい側にある、佐野藤右衛門邸の一般公開へ。


「桜守」として有名な佐野藤右衛門さんの自宅の庭を拝見させていただけます。





枝垂桜のシャワーを浴びながら、素晴らしい一時を過ごさせていただきました。







- | permalink | - | trackbacks(0)

紅葉便り2015 〜真如堂〜










12/9、昨日の真如堂です。
今一番ピークに見頃という景色でした。


ここ数週間、とっても日差しが綺麗で、
遅れて紅葉したモミジ達が美しく照らされて、
光り輝いている景色を、日中よく目にします。



真如堂もまさに、境内全体が赤の光の世界。










11月は、全体的に、紅葉もまばら、枯れているような紅葉もよく見かけ、
少し残念な光景だったのですが、
ここにきて、例年通りの美しい姿を見せてくれたことで、
自然への畏敬の念、感謝の気持ちがいつもよりも更に強まりました。











しかしもう12月。
観光客らしい方は11月に比べてとても少なく、

11月に京都に来て下さった方に、この景色を見て頂きたかったなぁと思ってしまいます。










「今年は予想に反して、本格的な色づきが随分遅かったですね。
観光の方は11月を目指して来られたのに」
と声をかけられた住職の方が、
「まぁ、それが自然というものですから」

とお返事されているのを聞きました。




そう、
私たちが今見ているものは、作られたものではなく、
自ら生きている自然なのだと、
だからこんなに美しいのだと、
ふっと心に湧いた瞬間でした。



- | permalink | - | trackbacks(0)

紅葉便り2015 〜梅小路公園〜京都市植物園〜

今年の11月は暖かったです。

例年なら中旬くらいからかなり冷え込んでくるので、ぐっと紅葉が進むはずなのですが、
末になっても暖かい日が多かったので、色づきがとても疎らという印象でした。



12月に入り、急に冬らしい気候になって、
場所によっては、今が見頃?という感じです。







12月2日、梅小路公園に行ってきました。






京都市水族館が数年前にできてから、一気に観光地、ファミリースポットになった梅小路公園。

水族館だけではなく、実は見所満載なんです。




名前のとおり、春には梅林に沢山の梅が咲き誇ります。

とっても広い公園の中には、自然豊かな散策路があります。

広ーい芝生広場もあります。

そして、この公園、JRの線路の横にあり、いろんな電車をまじかで見ることが出来るんです。




ほかにも、ここでは紹介でききれない魅力が沢山です。

来年春には鉄道博物館がオープンします。
また更に賑やかになりそうです。







そして、今、紅葉が見頃かも?でした。







ドウダンツツジの鮮やかな紅葉が美しかったです。













さて、12月4日、今日は京都市植物園に行ってきました。







ここもまた、今が見頃かも?といった景色。


モミジが太陽の光に照らされて、とても美しく、紅く、光り輝いていました。








冬に咲く寒桜と、モミジの紅葉と、ススキの穂、
植物園ならではの風景でした。


- | permalink | - | trackbacks(0)

紅葉便り2015 〜京都御所〜真如堂〜

11月にしては、日中が暖かく感じます。

ただ、日によっては急に肌寒く感じる日もあるので、防寒に気を抜かずにお越しくださいませ。
朝晩はコンスタントに冷えてきました。



さて、先週末の雨は、時折きつく、また長時間降り続いたので、
週明けの道は落ち葉が沢山でした。
公園も一面落ち葉だらけ。

モミジはまだ大丈夫でしたが、
桜の紅葉はかなり散ってしまった感じがあります。




12日木曜日、御所に行きました。

ところどころモミジも色づき、見頃を迎えています。





イチョウの葉は大分黄色くなって、落葉も始まっていました。
黄色の絨毯が光り輝くのはもう少しです。






御所の一番南、境町御門の近くに、厳島神社があります。
通称、「池の弁天さん」と呼ばれているそうです。

そう、この池、九条池というそうですが、鯉や鴨や亀が優雅に泳ぎ、日本の美を思わせる風景です。
水面に映る木々も美しく、日常を忘れる一時をくれます。





この日もほっこり、池を眺めながらのんびりできました。





13日金曜日、真如堂です。








境内全体でいえば、まだ5割くらいの色づきですが、すっかり赤く染まったモミジの木もありました。



それから、桜の葉の落葉が美しく、ピンクの絨毯をつくっていました。









五重塔の西側の一角です。

お気に入りの場所です。
ここの桜の葉は、赤色よりピンク色が強いような気がします。
幻想的な一角です。


- | permalink | - | trackbacks(0)

秋深まる

朝晩と昼の寒暖差が激しいですね。
昼間は、体を動かしていると汗ばむくらいの陽気が続いています。


それでも、朝晩は涼しく、
着実に秋は深まり、
紅葉シーズンの到来はもうすぐだと感じます。




朝、真如堂を散歩しました。
紅葉がピークの時には、境内が赤の世界になります。
思わず歓声があがるほどの美しさ。
五重塔とのコラボレーションも素敵とあって、京都の中でも人気の紅葉スポットです。








朝陽が美しく境内を照らし、光の世界でした。


やはり、モミジの色付きは、うっすらと始まっていましたよ。









葉が色付き、落葉の前のお化粧をする季節。
一年で一番色鮮やかな自然を楽しめる季節ですね。





落葉だけでなく、実りの秋でもあります。








見上げれば、山茱萸の木に沢山の赤い実。
とってもかわいらしく、楽しい気持ちになりました。






- | permalink | - | trackbacks(0)

下鴨神社 みたらし祭

京都の街中は祇園祭の後祭で賑わっています。

私はそんな街をはずれ、ちょっと北、下鴨神社の御手洗祭に行ってきました。
知る人ぞ知る、風情あるお祭りです。


下鴨神社の夏の風物詩、御手洗祭。
神社の中にある御手洗池の中を裸足で進み、この夏の無病息災などを祈ります。





この池の水、毎年のことですが、「ひぃっっ〜」と声を上げてしまう冷たさ。
しかも一番深い所は、大人の足の膝くらいまで水がきます。
子供は当然お尻くらいまで。。。







ろうそくに火を灯し、池の中を進みます。
水の冷たさに慣れてきた頃、ろうそくを置いて、おしまい。







短い距離ですが、冷たさの中に笑いあり、楽しい一時です。












水からあがって足を拭いたら、冷たい水を頂きます。







それから瞬く間に、足がポカポカ。


あんなに冷たいお水に浸かったのに、逆に足がポカポカしてきます。
体って面白いですね。







ろうそくの灯が水に映って綺麗です。

このお祭り、朝からやってるんですが、夕方からがお勧めかもしれません。
ちなみに今年の日程は、26日まで。今日ですね。




夕方は世界遺産の糺の森に屋台が並びます。
涼しくて過ごしやすい夏のお祭りです。



あと境内には有名和菓子店などの出店もあります。



下鴨神社の前にある「鴨みたらし茶屋」のみたらし団子はとっても美味しいです。



もうひとつお勧めは、境内にある休憩所、「さるや」さんのかき氷。







フワッツフワの氷に、イチゴミルク、黒蜜、抹茶の手作りシロップが贅沢にかかります。
とっても美味しいです。



体も心もひんやり、ポカポカ、楽しいお祭りの夜でした。
- | permalink | - | trackbacks(0)