京町家 十四春旅館BLOG

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 宵・宵・宵山 | main | みたらし祭 >>

山鉾巡行

7/17、山鉾巡行を見に行ってきました。

今年の祇園祭は、めずらしく一度も雨が降りませんでしたね。
京都の梅雨は例年、祇園祭明けなので、ずっと雨なんてこともあります。

今日もすごい青空で、巡行に携わっておられる方々や、路上で見物される方の体調を心配するほどの暑さでした。






御池通りにあるビルの3階から見物です。
こんな風に巡行を見るのはこれが初めてです。
10時半頃、長刀鉾が到着しました。




長刀鉾には生のお稚児さんが乗っています。
遠目でしたが見れて感動しました。




鉾には沢山の人が乗っています。屋根の上にも屋根方と呼ばれる役の方がいます。



長刀鉾は30分くらい止まっていました。







巡行が再び進みだし、鉾や山が続々とやってきます。





























山を上から見ていると、それぞれに由来した装飾に、なるほどと納得させられて面白かったです。
例えば、「芦刈山」は、植物の芦を刈っている人形で、「木賊山」は、植物の木賊を刈っている人形だったのかとか、
「太子山」の人形は聖徳太子だったんだとか。

「蟷螂鉾」のカマキリは動くんです。子供の頃、見るのが好きでした。お子様を連れて祇園祭に来られた方にお勧めの山です。




あと、いつも見上げていた鉾頭が上からはっきり見えたことも新鮮でした。











お囃子を奏でながら、4色の下水引がしゃんしゃんと揺れる大好きな景色。
鉾や山の魅力を改めて感じた今年の祇園祭です。

- | permalink | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://blog.14haru.com/trackback/1249820
この記事に対するトラックバック