京町家 十四春旅館BLOG

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2012桜〜京都府植物園〜半木の道〜出町河原〜 | main | 2012桜〜上賀茂神社〜原谷苑〜 >>

2012桜〜和らぎの道〜大野ダム〜

4/14、亀岡の和らぎの道に行ってきました。




七谷川沿いの和らぎの道は、ものすごいボリュームの桜並木で、
市内では味わえない規模です。













眺めていると、桜の雲の中にいるような気分になります。










京都市内からは車で30分程度です。














続いて4/15、美山の大野ダムに行ってきました。

















このダムは、見渡す限りの桜、桜、桜。
桜の世界です。









広々とした芝生はとても気持ちよく、
子供の大型遊具があったり、ボートに乗れたり、バーベキューなどもできます。
家族連れが多いですが、皆さん春の陽気に包まれながら、それぞれの花見を楽しんでいます。















私が大野ダムに行くのは、ダムの桜だけが目当てではありません。

大野ダム周辺の、美山、京北などの桜は、
日本の原風景の中の桜を楽しむことができます。


日本人が愛してきた桜。
昔ながらの日本の里山の中に咲く桜の姿を見たとき、

誇り高くも、主張しすぎず、
すごい存在感を放ち輝きながらも、穏やかな心を与えてくれる、


”日本と桜”
心にストンと落ちてきたのです。











久しぶりに、かやぶきの里に寄りました。










茅が干してありました。
もうすぐどこかの葺き替えが行われるのでしょう。

自然の循環の中に過ごす人々、羨ましいですね。









ここに来るたびに、心の中のふるさとの扉をノックされる気がします。
自然と共に生きる、人間本来の生き方への憧れを揺さぶられるのです。







かやぶきの里周辺の桜はまだこれからでした。
京北の桜もこれからです。

市内から1時間ちょっとの里山へ、ぜひ出かけてみてください。


- | permalink | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://blog.14haru.com/trackback/1249988
この記事に対するトラックバック