京町家 十四春旅館BLOG

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 紫陽花 〜三室戸寺〜 | main | 秋深まる >>

下鴨神社 みたらし祭

京都の街中は祇園祭の後祭で賑わっています。

私はそんな街をはずれ、ちょっと北、下鴨神社の御手洗祭に行ってきました。
知る人ぞ知る、風情あるお祭りです。


下鴨神社の夏の風物詩、御手洗祭。
神社の中にある御手洗池の中を裸足で進み、この夏の無病息災などを祈ります。





この池の水、毎年のことですが、「ひぃっっ〜」と声を上げてしまう冷たさ。
しかも一番深い所は、大人の足の膝くらいまで水がきます。
子供は当然お尻くらいまで。。。







ろうそくに火を灯し、池の中を進みます。
水の冷たさに慣れてきた頃、ろうそくを置いて、おしまい。







短い距離ですが、冷たさの中に笑いあり、楽しい一時です。












水からあがって足を拭いたら、冷たい水を頂きます。







それから瞬く間に、足がポカポカ。


あんなに冷たいお水に浸かったのに、逆に足がポカポカしてきます。
体って面白いですね。







ろうそくの灯が水に映って綺麗です。

このお祭り、朝からやってるんですが、夕方からがお勧めかもしれません。
ちなみに今年の日程は、26日まで。今日ですね。




夕方は世界遺産の糺の森に屋台が並びます。
涼しくて過ごしやすい夏のお祭りです。



あと境内には有名和菓子店などの出店もあります。



下鴨神社の前にある「鴨みたらし茶屋」のみたらし団子はとっても美味しいです。



もうひとつお勧めは、境内にある休憩所、「さるや」さんのかき氷。







フワッツフワの氷に、イチゴミルク、黒蜜、抹茶の手作りシロップが贅沢にかかります。
とっても美味しいです。



体も心もひんやり、ポカポカ、楽しいお祭りの夜でした。
- | permalink | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://blog.14haru.com/trackback/1250007
この記事に対するトラックバック